ブログ

お知らせ

2019年10月14日更新

「膝窩筋の機能解剖」理学療法士 飯島弘貴先生のコラム


第3回では、膝窩筋の機能解剖ついてお話します。膝窩筋は三角状の薄い扁平な骨格筋で、膝関節後面の膝窩や膝関節後外側支持機構の構成要素です。膝窩筋の損傷や腱炎は膝窩部外側に生じる疼痛に関与することから¹・²、膝窩筋の機能解剖への十分な理解は臨床上重要となります。また、膝窩筋の走行はいくつかのタイプに分かれる(解剖学的破格を有する)ため³、系統発生学的にも興味深いです。

<外側半月板のretractorとしての膝窩筋>
膝窩筋は大腿骨外側顆外側から起始*1し、外側側副靭帯や大腿二頭筋の下を通過した後、脛骨後面内側に幅広く付着します⁴。興味深いことに、膝窩筋近位部は外側半月板後角の後面にも付着すると言われ、その付着率は18-63%³・⁵です。つまり、膝窩筋が外側半月板に強固に付着する症例では、膝窩筋はその収縮によって外側半月板後角を後方へ牽引するretractorとして機能する可能性があります。しゃがみ込み等の膝関節深屈曲を伴う日常生活動作では、外側半月板の大きな後方移動が要求されるため⁶、同動作で膝窩部外側に疼痛を伴う症例に対して上記の考えを評価-治療に応用できるかもしれません。ただし、前述の通り、膝窩筋の外側半月板への付着が全例で認められるわけではなく、また付着するとしてもその結合が弱く、膝窩筋がretractorとして機能しない可能性もあります。膝窩筋への電気刺激によって外側半月板の動きが認められた症例はわずか38%だったという報告もあります⁷。

外側半月板への線維をはじめとする膝窩筋近位部の個体間差のメカニズムは不明ですが、加齢や傷害に起因する膝窩筋起始部の萎縮も否定しきれません³。御検体の年齢によって膝窩筋の走行や外側半月板への付着がどのように違うのか、という視点で解剖してみるのはいかがでしょうか。

*1通常の骨格筋と異なり、膝窩筋の近位部は関節包内かつ滑膜外から起始している。

引用文献
1. Guha AR, et al. Popliteus tendon rupture: a case report and review of the literature. Br J Sports Med 2003; 37: 358-360.
2. Tibrewal SB. Acute calcific tendinitis of the popliteus tendon–an unusual site and clinical syndrome. Ann R Coll Surg Engl 2002; 84: 338-341.
3. Chuncharunee A, et al. The patterns of proximal attachments of the popliteus muscle: form and function. Med Hypotheses 2012; 78: 221-224.
4. Jadhav SP, et al. Comprehensive review of the anatomy, function, and imaging of the popliteus and associated pathologic conditions. Radiographics 2014; 34: 496-513.
5. Last R. The popliteus muscle and the lateral meniscus. The Journal of Bone and Joint Surgery. British volume 1950; 32: 93-99.
6. Yao J, et al. Magnetic resonance image analysis of meniscal translation and tibio-menisco-femoral contact in deep knee flexion. J Orthop Res 2008; 26: 673-684.
7. Jones CD, et al. The popliteus as a retractor of the lateral meniscus of the knee. Arthroscopy 1995; 11: 270-274.

 

参考写真:医道の日本社  ボディ・ナビゲーション

 

【飯島弘貴先生プロフィール】

飯島 弘貴(いいじま ひろたか)
理学療法士
人間健康科学博士(PhD)
京都大学大学院医学研究科 客員研究員
米国ピッツバーグ大学McGowan Institute 博士研究員

日本、米国にて関節軟骨疾患の病態解明や新規治療法開発に関する研究を行っている。京都大学医学研究科ならびにハワイ大学解剖実習における講義補助経験を有する。
米国ペンシルベニア州在住
家族構成 妻、長女