ブログ

お知らせ

2014年9月5日更新

筋肉も歴史を作る


[ スジ子の身体的宇宙空間 9 ]

筋肉は、それぞれの役目があって バランスがあって 方向や
形がある。どこからどこにその筋肉がついていて、強い弱いがある。
どんなスポーツを経験して何年やったか。現在どんな姿勢で
何をどれだけしているか。
筋肉には 歴史がある。

はい。解剖学的座学入れていきますよっ!

前鋸筋
  起始:第1~第9肋骨の外側
  停止:肩甲骨内側縁前方
  機能:肩甲骨の内側縁を脊柱から遠ざけるよう引っ張る動き
      肩甲骨の上方回旋は下方の長い部分が
      肩甲骨の下角付近をさらに脊柱から遠ざけるように働くため、
      肩甲骨はわずかに上方回旋する。
  触診:第5・6肋骨下胸郭前外側

  ボールを投げる、バスケットでシュートするなど肩甲骨をわずかに
  上方回旋させながら外転させる働きをする。
  特に投球時に大胸筋とともに働く。
   腕立ての動作で特に肘を伸ばす最後の5~10°のところで
  よく使われる。
  肩甲骨が後方に突き出る翼状肩甲骨は 前鋸筋が弱っているため。

olympic26_basketball

小胸筋
  起始:第3・4・5肋骨の前面中央
  停止:肩甲骨烏口突起
  機能:
  触診:大胸筋に覆われているので不可

鎖骨下筋
  起始:第1肋骨上面の肋軟骨接合部
  停止:鎖骨中央部下窩
  機能:胸鎖関節の安定化と保護
  触診:できない(大胸筋の下)

 小さい筋肉でも クローズアップしてみたりすると
大なり小なり役目があって やはりひとつひとつのネジがあって
角度があって 太さと本数がある。
 上から目線になるが、そこに人格、精神、遺伝、地域などの背景が
ある。キャラクター的にみると意外と?!み~んな人間っておもしろいと
感じますよ。

誰だ!!お前が一番おもしろおかしいと言ったのは!!
  ・・・・・うちの娘か・・・。  (異論なし・・・)はい