ブログ

お知らせ

2014年8月6日更新

シンプルに腹筋を鍛える。


[ スジ子のからだ的宇宙空間 2 ]

おはようございます。すじ子です。

さて、タンクトップを着る機会が増え、ムチッとしたお腹が気になりまして調べてみました。

題して、「腹筋かむばっく」

A)頭の方を上げる腹筋のスタンダード
上半身を上げすぎず へそを意識してお腹に力を入れる

B)上半身を完全に起き上がらせる腹筋。股関節を曲げる動作が加わるので
太もも中央の大腿直筋にも負荷がかかる。
腰への負担もあるので気を付けたい動作。
やわな私が苦手とする筋トレだ。

C)もう1種。足を上げる腹筋もある。
大腰筋などの深部筋を鍛える時はこの足を動かす腹筋がおすすめ。

筋トレでやるきマンマンになってきました!
腹筋を意識する為に 今回は解剖学の本をひっくり返します。

腹筋は
ぼこっと割れて見える腹直筋。

その下に外腹斜筋。内腹斜筋。腹横筋と続きます。
腹筋
(ボディ・ナビゲーションより)

腹横筋はサラシのようになっており、内臓を下垂しないよう支えています。
緩んでいるとぽこんと出てきます。(まさに)
実は、腹横筋をしっかり鍛えると筋トレ効果が3倍以上違うらしいのです。
コツは
不思議なことに、腹筋は息を止めてしがちですが、フッーーーーーーーっと
息を強く吐きながらすると 腹横筋にも負荷がぐいっとかかる。これだけ。
(確かに、出産の時、息を吐く練習があったなぁ。)

復讐 いえ 復習です。
ポイントは深く強く息を吐く。そして姿勢ですね。皆さんいいですか。

ジョギングの時も、脇腹もひねりながら前に進むのですよ。
特に、軽い上り坂は脇腹使ってるのがよくわかるのだ。

了解、息をしっかり吐くといいのだな・・・。

・・・・隣で娘が歩いてついてきているこのとろとろ加減・・・
呼吸どうこうの問題外のような気がしてきたぞ。