ブログ

お知らせ

2014年7月2日更新

素早く動こう2回目


こんにちは、高橋です。

いかがでしょう、ノロマなんて言わせないつもりでガツガツ練習していますか?頑張るのは良いですが楽しむことをお忘れなく。

さて、一般的に言われる反射神経のお話は前回しました。今回は個々の単純な反射神経を鍛えるにはどうしたらよいのかをお話しします。

反射の速度を上げるためには、速度を意識したトレーニングが必要になってきます。とにかく速いスピードに脳を慣れさせておく。卓球でいうと動体視力トレーニング、水泳でいえば牽引して普段泳ぐスピードよりも速く泳がせる。この二つはまた違ったジャンルになるのですが後者でいえば普段より速いスピードを体験させることによってその速度に対応する筋肉の使い方を覚えやすくなるというもの。

このようなトレーニングの他にも、イメトレで反射速度を上げることもできます。
まずは後出しジャンケンで相手に負ける。これ、やってみると意外にグチャグチャになります。慣れてくるともはや達人ですね、やってる側は快感だと思います。脳トレですね。

身体を動かすものとしてはアジリティーなんてのもそうですね。サッカーの練習風景を見ていると出てくるハシゴ状のロープを地面に置いてバタバタするアレです。僕も現役時やっていましたが慣れると面白いくらい早くバタバタできますよ。

アジリティーは普段なかなかできませんが後出しジャンケンで脳トレしてみてはいかがでしょうか。仕事の成績もあがるかも・・・