ブログ

お知らせ

2014年10月4日更新

解剖学でお薦めしたい文献【目で見る動きの解剖学】


先日友人のブログの中で見つけた記事をみて思った事、運動すると普段使っていない筋肉も使いますよね。
「なるほど、そうだよね普段使っている筋肉プラス、深層筋を使ってるんだろうな」と。
そこで思い出したマニアックな文献(笑)

 【目で見る動きの解剖学】 ¥2,400(税別) 大修館書店

IMG_0110

IMG_0111

IMG_0112

IMG_0132

・スポーツ関係者に向けての解説本らしいです。(やはり元は洋書)
・指導者を目指す方々にもお薦め(富士子先生より)
・力学的基礎も分かり易い(富士子先生より)

マニアックだけれど、マニアックだからこそ面白いと思います。
近年、フルマラソンやトライアスロン、登山、とてもアウトドアスポーツが流行っております。
健康的で良いはずなのに、疲労が取り切れず、ボディメンテナンスを(ボディケアやパーソナルトレーニングなど)する人々が多いので、良い参考書になるのでは。

以下、友人ブログ引用↓↓↓

久しぶりに野球をすることになりました!
最近選手ではなく審判ばかりだったので、約3ヶ月ぶりにプレーをしました。
バッターボックスに入っても全然タイミング取れないし、自分の感覚の鈍り方に戸惑いながらも少しづつ身体が動き始め、活躍は出来ませんでしたが楽しくプレーすることが出来ました!
~とここまでは良かったのですが、今朝起きてびっくり!
恐ろしい筋肉痛で歩くのもやっとです(涙)
自転車は毎日のように何十キロも乗ってるし、走ったり筋トレもやってたのにやっぱりプレーになると全然違うんだなぁ~としみじみと感じました。
あ~身体が痛い(涙)