お知らせ

運動のこと

2016年6月2日更新

腰痛対談 第1回目「競馬、競輪選手の腰痛」(全5回)

対談シリーズ第一弾「腰痛」(全4回) ◆対談講師 総合司会:青山 朋樹 先生(整形外科医) 柔道整復師:志知 成治 先生 理学療法士:長谷川 聡 先生 第一回目「競馬、競輪選手の腰痛」 青山先生: 本日は「腰痛」をテーマにしたいと思いま...

2015年3月10日更新

半月板とは

前回の続きである。 半月板は繊維でできた軟骨である。 解剖実習で膝の中に手をいれ実際に触診した時には、骨とは違った感じはわかる。だが、それが同じクッションでも脊柱の「椎間板」とは違うなんては鋭い感覚は持ち合わせていない。骨とは違うってだけだ。骨らしい骨と軟...

2015年1月31日更新

股関節が痛いけどどうしよう?

股関節の解剖を伝えることがイマイチ大変な事は昨日お伝えしましたが、また自分に置き換えてみました。 私は左股関節が異常に固い。メンテナンスしていないと股関節の伸展や、ストレッチの股関節回しなんてできない。(どんだけ体悪いんだよ! って感じですが、40過ぎると色...

2015年1月4日更新

たるまないダイエットには、なぜ運動が必要なのか?

皮膚のたるみ続き。。。 昨日はDNA分析で終わってしまったが、今日も「銀座揉み子」により途中で終わるだろう(笑) さて、ダイエットによる皮膚のタルミについて! 先日富士子講師も書きましたが、年を重ねて行くにつれて代謝が悪くなる。 「代謝」ってよ...

2015年1月3日更新

たるまないで痩せるには

解剖実習に実際にあの脂肪を視たからこそ伝えられる「計画的ダイエット」のススメ。 若いころと違い、40歳を過ぎたら完全に計画が大事。 本当なら20代、30代から計画的に健康よくダイエットをした方が良いと思います。 ◆理由 ・落としたいところが選べない(笑...

2015年1月2日更新

食べる→体脂肪の理由2

有り余る食欲を抑制する・・。 過剰な分だけでも少し減らせれば・・。  以前、ダイエットした時を自己分析。40代のダイエットです。期間2か月で15kg。基本的に無謀な状況ではあります。食事はとっていましたが、豆腐と野菜中心。海外でしたので米はないので食べない...

2015年1月1日更新

食べる→体脂肪の理由

明けましておめでとうございます。新しい年の始まりですね! 皆さんは今年どんな目標を立てましたか。 我社の自称編集長の小池は健康ダイエットらしいです。乞うご期待ですね(笑) 本年もどうぞよろしくお願いします。 さて年の初めは食べる事にまつわるお話し。...

2014年12月7日更新

左右対称ではない人の身体を戻そうとするメリットとデメリット

人体の芸術さに取りつかれても、ムキムキとした男性に憧れるわけでもなく。 スタッフから「これ、すごーい!シェアしよう」とメールで送られてきたものは、「3D人体模型」。 毎日毎日、筋肉の記事を書いているとこうなるという見本だな。 私たち、どこに向いているのか...

2014年12月4日更新

解剖学的に視る【大腿】と、運動機能

最近、「クロックムッシュ」を調子にのって作ってばかりいたら、「クロックマダム」の存在を知り衝撃を受けた。さて、 ムスメが「部活でスクワット1000回やってきた」という。毎度のことだが、正しい姿勢でいいリズムで呼吸を大事にする私は複雑な気持ちである。(競輪選手...

2014年11月30日更新

【おしり】って凄く大事!

「おしり、おしり、おしりのきもち~・・・」子供が小さい時のこの口癖は永遠の謎のままである。 「おしり」にいく前に・・・。 途中、起始停止とか入るけど、プラスアルファの手技の事も書きましたので、最後まで読んで下さいね! マッサージをする前に、チェックす...

2014年9月11日更新

運動を楽しくする方法

[ スジ子の身体的宇宙空間 13 ] 運動を楽しくする時、途中でお腹が空く時があります。 そんなときすぐに食べれる状況と食べれない状況があります。 まず、ジョギング前は(あまり推奨出来ない)起きて1時間後ですので 水分か野菜ジュースを飲みます。...

2014年7月2日更新

素早く動こう2回目

こんにちは、高橋です。 いかがでしょう、ノロマなんて言わせないつもりでガツガツ練習していますか?頑張るのは良いですが楽しむことをお忘れなく。 さて、一般的に言われる反射神経のお話は前回しました。今回は個々の単純な反射神経を鍛えるにはどうしたらよいの...

2014年6月23日更新

素早く動こう1回目

こんにちは、高橋です。 今回は反射神経のお話。 反射神経は生まれつき備わった能力だから私はずっとノロマなままなんだ・・・なんて思っている方、反射神経は鍛えられるのですよ。 そもそも一般的に使われている反射神経とは何なのでしょうか。一般的に言われて...

2014年6月19日更新

イメトレ

こんにちは、高橋です。 イメトレ、ということで今回はちょっと難しい脳の専門用語をズラーっと載っけてみようと思います。覚えられたら、うーん、友達に頭良さそうに見せられるかもですね!全部載せると大変なことになるので簡単に・・・ 脳は大まかに前頭葉、頭頂...

2014年5月22日更新

走れ子供!!!!!

こんにちは、高橋です。 小さいころは簡単だったなーと思います。だって足が速かったらモテるんですもん。僕はモテ人生を歩んできていないので当然ながら昔から足は遅いです。水泳だったらなー、といっても肌が白いのでいくら泳ぐのが速くたって笑われもんでした。そう思い...

2014年4月16日更新

バナナ  解剖実習アカデミーの健康情報

こんにちは、高橋です。 今回は僕がずっと愛食しているバナナの素敵さを紹介します。ミラクルフルーツです、バナナ。 まずはバナナのエネルギーについて。朝食にも使えるバナナ、カロリーが低い割に腹持ちがよいのはなぜか。これは身体に吸収される糖質の種類による...

2014年4月9日更新

トレーニング理論6回目  解剖実習アカデミーの健康情報

こんにちは、高橋です。 マフェトン理論で大切なのは、キツイトレーニングをしないことです。こんな楽で成長するのかと疑問に思うかと思いますが、アネロビックレベルまで強度を上げてはいけません。前回お話した心拍数をオーバーするとアネロビック運動になってしまいます...

2014年4月7日更新

トレーニング理論5回目  解剖実習アカデミーの健康情報

こんにちは、高橋です。 さて、そんなマフェトン理論ですが実際、どのように運動すればよいのでしょうか。 トレーニングの方法は実は簡単で、自分に合ったレベルの運動強度で有酸素運動をすればよいのです。 自分にあったレベルといわれても感覚ではよくわかりま...

2014年3月29日更新

トレーニング理論4回目  解剖実習アカデミーの健康情報

こんにちは、高橋です。 マフェトン理論についてお話してきましたがつまりは有酸素運動を推奨する理論なんですね。トライアスロンとかでも使われるのですが、有酸素運動は一般の方々の健康維持にも役にたちます。健康とは、筋肉、循環器系、骨格、神経系、内分泌系、消化器...

2014年3月23日更新

トレーニング理論3回目  解剖実習アカデミーの健康情報

こんにちは、高橋です。 アネロビック運動が身体へもたらすダメージが大きいということがわかりました。 もし、エアロビック筋が鍛えられていない状態でアネロビックトレーニングを取り入れたり、大会に出たりした場合、エアロビック筋が機能せず短時間でスタミナ切れと...

2014年3月19日更新

トレーニング理論2回目  解剖実習アカデミーの健康情報

こんにちは、高橋です。 前回はマフェトン博士が証明したものを紹介しました。なぜエアロビック筋は大切なのでしょうか。 ※エアロビック筋・・遅筋 アネロビック筋・・速筋 エアロビック筋は主にエネルギー効率のよい脂肪をエネルギー源として使い、アネロビッ...

2014年3月13日更新

トレーニング理論1回目  解剖実習アカデミーの健康情報

こんにちは、高橋です。 今回からはまた長くなりそうなトレーニング理論をご紹介します。マフェトン理論というものです。 これはアメリカのカイロプラクターである、フィリップ・マフェトン博士が確立したもので、マラソンやトライアスロンなどの有酸素系の運動を対...

2014年3月6日更新

トレーニングサプリ11回目  解剖実習アカデミーの健康情報

こんにちは、高橋です。 トレーニング向けのサプリ、成分のご紹介も10回目を超えました。サプリメントの重要性よりも、運動をするうえで摂取しておいたほうがトレーニングの効率があがるものばかりですのでバランスよく摂取することが大切となります。 では、続きです...

2012年10月31日更新

膝の刺激方法と意味

昨日の続きです。 こちらの写真自分撮りなので見づらいですが、実際に施術する場合はクライアントの下腿側面を正面として見ます。     最初の1点目は足の指方向からの刺激になり、 時計の文字盤でいうと 7→9→11...