お知らせ

ストレッチ

2015年10月28日更新

横隔膜の上と下で考えてみよう。

世の中には、実際にやってみないとわからないということがあります。でも、骨折も出来ればしたくない(笑)。せいぜい「ギックリ腰」報告レベル。今回は、レベルをまたさらに下げて「ぶらさがる」ネタにしました。 鉄棒にぶら下がって考える。プロの体操の方にはよくわから...

2015年5月30日更新

富士子講師によるオフィス向けセルフストレッチセミナー

新しいセミナーのご報告です。 今回、なぜオフィス向けかといいますと、現代社会の中で、パソコン作業やいわゆる画面のあるものは外せないビジネスツールとなっています。 しかしその便利さの反面、デスクワークによる「肩コリ、首コリ、頭痛、腰痛」も切っても...

2015年4月10日更新

縫工筋つづき~大腿三角

仕立て屋のポーズが縫工筋の象徴だがそれだけではないとするなら・・・。 もし仰向けで、仕立て屋の姿勢をして足首を自分の膝に乗せてみた。(なぜそんなことをするのかは聞かないで)。縫工筋が外側に倒れてもっていかれそうな強い筋バランスに負けずに制限した「つっぱり...

2015年4月6日更新

筋肉の働き、筋肉の使い方

昔、スポーツテストというのがあった。通信簿でのオール5の獲得は雲をつかむ確率だった。しかしスポーツテストでは「絶対負けね~」なんて鼻息だけは荒かった!しかし、そんな私の最大の難関は「前屈」(・・・・)。今から考えれば対策をとれたはずなのに、あの頃はひたすら息を...

2015年4月5日更新

縫工筋って必要ですか?

「縫工筋って必要ですか」 そんな疑問をされました。「いらない筋肉はない!」がイチャモンはつける。「上がれない階段はない!(すずちゃん風)」がエスカレーターを使ってしまう。「もう食べられない(ムスメ)」が別腹をもつ。そんな私に真面目な質問をしてきたな。とりあえ...

2015年4月2日更新

股関節の不思議

股関節の中の状態は見えない。だが、日常の施術系のお仕事では他動でのストレッチやマッサージ時の体勢だけでも、「あれ?」って感じる時があると思う。5月の解剖実習を前に、筋肉神経などなどの他にも知りたい事が富士山程ある。(自分の名前にかけたのか?w by編集長) そ...

2015年3月12日更新

膝裏はふくらはぎも関係してくるね!

本日は立派な「ふくらはぎ」をほぐさせていただきました。 私も正直者だからちゃんと褒める。・・・いや、どうやっても筋肉には食いつく。その日に初めて会った方でも「触っていい?」「ハッキリとした上腕二頭筋だ~」なんて・・・あ~ぁ、捕まりそうだな。 さて、常日頃お...

2015年2月1日更新

神経を考察

「筋肉を感じる」ことは基本中の基本。年数の経っていない、もしくは、新しい単語の連発は、混乱を招く。私でさえ、時間がかかったと思う。でも、ぜひ、文献を1冊、読み込んで欲しい。何回も何回も何回も。無駄なんて言葉は脳みそが固まった私には、存在しない。読み込んでいるの...

2015年1月31日更新

股関節が痛いけどどうしよう?

股関節の解剖を伝えることがイマイチ大変な事は昨日お伝えしましたが、また自分に置き換えてみました。 私は左股関節が異常に固い。メンテナンスしていないと股関節の伸展や、ストレッチの股関節回しなんてできない。(どんだけ体悪いんだよ! って感じですが、40過ぎると色...

2015年1月12日更新

むくみ

筋肉を触っていると、たくさんのタイプがある事に気づきます。特定の医療の現場では限られた年齢層だったりしますが、そこに元気な幅広い層が加わり、筋肉の質について思考がどんどん働きます。特に、好奇心丸出しの質問にも、皆さん快く(?)答えてくださり、一緒に分析すること...

2014年12月30日更新

解剖実習~小胸筋

解剖実習~大胸筋、小胸筋 実習2日目、まずカレンさん(仮名)を仰向けにして、上腕部を視たり 大胸筋を視たあとに、胸のインプラント(*¹シリコンバッグ)を外しました。 腕神経叢をもう一度確認。 さぁ大胸筋を切り取っていきます、目指すは小胸筋。普段...

2014年12月28日更新

腰方形筋 お待たせしました。

(参考文献:ボディナビゲーション) 待ってました!! 「腰方形筋」です。 もう私の中では、 「*¹吉田先生 = 腰方形筋 」これ、方程式です。 前回、一日目の腹臥位で見られず、二日目に持ち越した。 「腰方形筋は・・・」「二日目ですね」「・...

2014年12月11日更新

長母指屈筋って凄いのよね!

前回続き。足! 下腿の[ 深後コンパートメント ]で、長指屈筋と長母指屈筋の位置が左右逆でしょと思ったのです。(何度も使うが)そこに意味がある! それが、つま先まで到達する間に交差しているのです。つま先を曲げるとこの2つの筋は近づく。つま先を持ち上げれ...

2014年12月7日更新

左右対称ではない人の身体を戻そうとするメリットとデメリット

人体の芸術さに取りつかれても、ムキムキとした男性に憧れるわけでもなく。 スタッフから「これ、すごーい!シェアしよう」とメールで送られてきたものは、「3D人体模型」。 毎日毎日、筋肉の記事を書いているとこうなるという見本だな。 私たち、どこに向いているのか...

2014年11月30日更新

【おしり】って凄く大事!

「おしり、おしり、おしりのきもち~・・・」子供が小さい時のこの口癖は永遠の謎のままである。 「おしり」にいく前に・・・。 途中、起始停止とか入るけど、プラスアルファの手技の事も書きましたので、最後まで読んで下さいね! マッサージをする前に、チェックす...